テキストリンク
テキストリンク

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失業

受給情報

失業の状態である人が支給を受けることができる基本手当ですが、基本手当はいったいどれぐらいもらえるのでしょうか?


基本手当の1日あたりの金額を「基本手当日額」といいます。


基本手当日額は、原則として離職した日の直前の6ヶ月間に支払われた賃金の1日あたりの金額(賃金日額)のおよそ50%から80%で、賃金の低かった人が高い率になるように決められています。


不正受給の典型例②・内職や手伝いをした事実及びその収入を「失業認定申告書」に記さず、 偽りの申 告を行った場合 ・会社の役員に就任(名義だけの場合も含む。)しているにもかかわらず、「失業認 定申告書」 に記さず、偽りの申告を行った場合 ・定年後、「積極的に就職しようとする気持ち」や「いつでも就職できる能力(身体 的・環境的)」 がなく、しばらく失業給付を受け、受給終了直後に年金を受給し ようと考えている者が、 「失業認定申告書」により偽りの申告を行った場合 雇用保険法第18条の規定により、前年度の毎月勤労統計における全国平均給与額の変動比率に応じて、毎年8月1日に基本手当日額を変更する場合があるよ。


ちなみに今回のデータは平成18年8月1日現在のデータとなっておりますので、それ以降の基本手当日額の最高額は変更されるかもしれません。


現在は景気も上向いてきていますので、最高額は引きあがる傾向にあるようです。 失業の認定における求職活動実績に該当するもの


①・求人への応募・公共職業安定所が実施するもの 求職申込み、職業相談、職業紹介等


②初回講習、就職支援セミナー、求人説明会、管理選考等


 
関連情報はここから⇒          

スポンサーサイト

失業をしたら、基本手当はどのくらいの期間受け取れるか知っていますか?基本手当をもらえる期間は、その人によって大きく異なっていきます。例えば自己都合で退職された人、定年や契約期間満了などによる離職者の場合、雇用保険の被保険者として雇用された期間が10年未満の人は90日間、基本手当を受給することができるよ。


 10年以上20年未満の人は120日。 20年以上の人は150日となっています。


失業の認定における求職活動実績に該当するもの


②・再就職に資する各種国家試験、検定等の資格試験の受験・許可・届出のある民間機関が実施するもの


①求職申込み、職業相談、職業紹介等②求職活動方法などを指導するセミナー等 ・失業をしてから待期期間を経過した後、受給されるケース基本手当は、求職申込日から失業の状態にあった日が通算して7日間経過してからでないと支給されません。


この期間を『待期期間』といいます。倒産や解雇などによる離職者が該当します。


失業の認定を受けるためには求職活動の実績が必要です。失業の状態でいると認定されるためには積極的な求職活動が必要です。


ただ求職活動といっても具体的にどの程度の活動が求職活動に規定されるか分かりますか?ハローワークでは以下のように定義されています。


失業をしてから待期期間、給付制限の期間を経過した後、受給されるケース正当な理由がなく自分の都合で退職したときや、自分の責任による重大な理由により解雇されるなどの理由で退職をした場合は、待期期間の7日間に加えて、さらに最大3ヶ月間、基本手当の支給を受けることができません。


これを『給付制限』といいます。



関連情報はここから⇒          

失業の認定における求職活動実績に該当するもの


①・求人への応募・公共職業安定所が実施するもの


求職申込み、職業相談、職業紹介等②初回講習、就職支援セミナー、求人説明会、管理選考等 失業してから基本手当をもらえるまでにはどのくらいの日数がかかるのでしょうか?


基本手当は、ハローワークに求職の申込みをしたらすぐにもらえるわけではないようです。基本手当は離職後ハローワークへ来所し、求職の申込みを行い、離職票などで受給資格者であることの確認を受けた日(求職申込日)から離職理由により、2通りに分けられます。


失業の認定における求職活動実績に該当するもの


③・公的機関等が実施するもの①独立行政法人雇用・能力開発機構が行うキャリアアップ・ガイダンスへの参加、 キャリア・コンサルティングでの相談


②キャリア交流プラザ事業における就職支援セミナー、経験交流への参加


④個別相談が出来る企業説明会


⑤地域雇用開発促進法に基づき都道府県が策定する地域求職支援活動援助計画に盛り 込まれた地域就職援助団体等が国の委託を受けて行う職業講習、企業合同説明会等 への安定所の助言指導による参加


⑥離職前の事業主が、再就職援助をして行う職業相談、職業紹介等


 
関連情報はここから⇒          

失業

該当とは

失業の認定における求職活動実績に該当するもの


再就職に資する各種国家試験、検定等の資格試験の受験・許可・届出のある民間機関が実施するもの


求職申込み、職業相談、職業紹介等


求職活動方法などを指導するセミナー等 ・失業をしてから待期期間を経過した後、受給されるケース基本手当は、求職申込日から失業の状態にあった日が通算して7日間経過してからでないと支給されません。


この期間を『待期期間』といいます。


倒産や解雇などによる離職者が該当します。 失業の認定における求職活動実績に該当するもの公的機関等が実施するもの


①独立行政法人雇用・能力開発機構が行うキャリアアップ・ガイダンスへの参加、 キャリア・コンサルティングでの相談


②キャリア交流プラザ事業における就職支援セミナー、経験交流への参加


③職業相談


④個別相談が出来る企業説明会


⑤地域雇用開発促進法に基づき都道府県が策定する地域求職支援活動援助計画に盛り 込まれた地域就職援助団体等が国の委託を受けて行う職業講習、企業合同説明会等 への安定所の助言指導による参加


⑥離職前の事業主が、再就職援助をして行う職業相談、職業紹介等


 関連情報はここから⇒          

失業

不正とは

失業の状態ではないのにもかかわらず、正しく申告せずに基本手当等を受けたり、又は受けようとした場合には、以後これらの基本手当等を受けることができなくなるほか、その返還を命ぜられます。


更に、原則として、返還を命じた不正受給金額とは別に、直接不正の行為により支給を受けた額の2倍に相当する額以下の金額の納付を命ぜられることとなります。


失業とみなされないケースとしては他にもある。特別な理由がないのに、就職することがほとんど不可能な職業、賃金、勤務時間その他の条件にこだわり続ける人も、就職の意思、能力がないものとして失業とみなされない場合がある。


しかし、病気やけが、妊娠、出産、育児、配偶者の海外勤務に本人が同行する場合などの理由により職業に就くことができないときは、『受給期間の延長制度』を利用できる場合がある。


 不正受給の典型例・実際には行っていない求職活動を、「失業認定申告書」に実績として記すなど偽り の申告を行った場合 ・就職や就労(パートタイマー、アルバイト、派遣就業、試用期間、研修期間、日雇 などを含む。) したにもかかわらず、「失業認定申告書」にその事実を記さず、 偽りの申告を行った場合 ・自営や請負により事業を始めているにもかかわらず、「失業認定申告書」にその事 実を記さず、 偽りの申告を行った場合。

失業

不正?

失業の状態ではないのにもかかわらず、正しく申告せずに基本手当等を受けたり、又は受けようとした場合には、以後これらの基本手当等を受けることができなくなるほか、その返還を命ぜられます。


更に、原則として、返還を命じた不正受給金額とは別に、直接不正の行為により支給を受けた額の2倍に相当する額以下の金額の納付を命ぜられることとなります。


失業とみなされないケースとしては他にもあるでござる。特別な理由がないのに、就職することがほとんど不可能な職業、賃金、勤務時間その他の条件にこだわり続ける人も、就職の意思、能力がないものとして失業とみなされない場合があるでござる。


しかし、病気やけが、妊娠、出産、育児、配偶者の海外勤務に本人が同行する場合などの理由により職業に就くことができないときは、『受給期間の延長制度』を利用できる場合があるでござる。


 不正受給の典型例・実際には行っていない求職活動を、「失業認定申告書」に実績として記すなど偽り の申告を行った場合 ・就職や就労(パートタイマー、アルバイト、派遣就業、試用期間、研修期間、日雇 などを含む。) したにもかかわらず、「失業認定申告書」にその事実を記さず、 偽りの申告を行った場合 ・自営や請負により事業を始めているにもかかわらず、「失業認定申告書」にその事 実を記さず、 偽りの申告を行った時。

失業

給付?

失業をしてから待期期間、給付制限の期間を経過した後、受給されるケース正当な理由がなく自分の都合で退職したときや、自分の責任による重大な理由により解雇されるなどの理由で退職をした場合は、待期期間の7日間に加えて、さらに最大3ヶ月間、基本手当の支給を受けることができません。


これを『給付制限』といいます。 失業の認定における求職活動実績に該当しないもの・単なる自己検索機による求人情報の閲覧・単なる新聞、インターネットなどでの求人情報の閲覧・単なる知人への紹介依頼・インターネットなどによる民間職業紹介機関、労働者派遣機関への単なる登録 失業したとしても、自己都合などでの離職者は7日間の待期期間と3ヶ月間の給付制限が明けてから基本手当が受け取れることとなります。


実質、失業してからおよそ4ヶ月経たないと基本手当がもらえないということになり、非常に厳しい扱いとなっています。


仕事が嫌になったからといってカンタンに辞めてしまっても、すぐには基本手当はもらえないということはおぼえておいて下さい。


 求職活動実績がないのにもかかわらず、失業認定申告書にその実績について虚偽の申告をすると、不正受給として処分される場合があるでござる。


また、申告のあった求職活動実績について、利用した機関への問い合わせ等により事実確認が行われることがあるでござる。事実と異なる場合は不正受給として処分される場合があるでござる。


失業の認定はその人自身が、原則として4週間に1回、安定所に来所(この日を『認定日』といいます)し、認定日の前日までの期間(4週間)について行われ、失業の状態にあったと確認された日数分の基本手当が支給されます。


例えば、4週間の間にアルバイトを3日間していた場合は、その3日間をのぞいた日数分の基本手当が支給されることになります。


 関連情報はここから⇒          

失業給付金と就職活動について
失業給付金について相談です。 今年4月末付けで約3年半勤めていた会社を自己都合により退職しました。 最初は失業給付金を受け取ろうと思っていました。 しかしいろいろ考えた結果、新たに就職しようと思い現在就職活動中ですがハローワークへ行って、 ...(続きを読む)


失業給付金について
雇用保険失業給付金 健康保険等の保険給付(健康保険法69条、国民健康保険法68条)、厚生年金保険等の保険給付(老齢厚生年金を除く)(厚生年金保険法41条2項、船員保険法26条)、雇用保険の失業給付(雇用保険法12条)、労働者災害補償保険 ...(続きを読む)


失業給付金のかしこいもらい方
失業給付金は、仕事を辞めたときにもらえますが、 自己都合だと貰えるまで、3ヶ月の空白があります。 会社都合だと、待機期間はありません。 さて、自己都合でも直ぐにもらう方法があるのですがみなさん知っているようで知らない方法です。 ...(続きを読む)


失業給付金について
失業給付金についてですが、自分の都合で退職した場合と、会社に迷惑を ... 失業給付金についてですが、自分の都合で退職した場合と、会社に迷惑をかけて辞めさせられた場合とでは失業給付金のもらえる額が違ってくるのでしょうか. ...(続きを読む)




  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。