テキストリンク
テキストリンク

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失業と認定されず、基本手当の支給を受けられないケース・親族の看護等でしばらく就職ができないとき・すでに新しい仕事に就いているとき(収入の有無を問わず)・すでに自営をはじめているとき、またはその準備を開始しているとき・会社の役員に就任したとき・学業に専念するとき 失業の認定を受けられたものだけが基本手当を受給することができますが、中には失業の状態でないのにもかかわらず、不正に受給を受けようとするものがいます。


不正受給の典型的な例は以下の通りです。


 失業とみなされないケースとしては他にもあるよ。特別な理由がないのに、就職することがほとんど不可能な職業、賃金、勤務時間その他の条件にこだわり続ける人も、就職の意思、能力がないものとして失業とみなされない場合があるよ。


しかし、病気やけが、妊娠、出産、育児、配偶者の海外勤務に本人が同行する場合などの理由により職業に就くことができないときは、『受給期間の延長制度』を利用できる場合があるよ。


不正受給の典型例①・実際には行っていない求職活動を、「失業認定申告書」に実績として記すなど偽り の申告を行った場合 ・就職や就労(パートタイマー、アルバイト、派遣就業、試用期間、研修期間、日雇 などを含む。) したにもかかわらず、「失業認定申告書」にその事実を記さず、 偽りの申告を行った場合 ・自営や請負により事業を始めているにもかかわらず、「失業認定申告書」にその事 実を記さず、 偽りの申告を行った場合


 関連情報はここから⇒          

スポンサーサイト
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。