テキストリンク
テキストリンク

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失業の状態である人が支給を受けることができる基本手当ですが、基本手当はいったいどれぐらいもらえるのでしょうか?


基本手当の1日あたりの金額を「基本手当日額」といいます。


基本手当日額は、原則として離職した日の直前の6ヶ月間に支払われた賃金の1日あたりの金額(賃金日額)のおよそ50%から80%で、賃金の低かった人が高い率になるように決められています。


不正受給の典型例・内職や手伝いをした事実及びその収入を「失業認定申告書」に記さず、 偽りの申 告を行った場合 ・会社の役員に就任(名義だけの場合も含む。)しているにもかかわらず、「失業認 定申告書」 に記さず、偽りの申告を行った場合 ・定年後、「積極的に就職しようとする気持ち」や「いつでも就職できる能力(身体 的・環境的)」 がなく、しばらく失業給付を受け、受給終了直後に年金を受給し ようと考えている者が、 「失業認定申告書」により偽りの申告を行った場合 雇用保険法第18条の規定により、前年度の毎月勤労統計における全国平均給与額の変動比率に応じて、毎年8月1日に基本手当日額を変更する場合があるでござる。


ちなみに今回のデータは平成18年8月1日現在のデータとなっておりますので、それ以降の基本手当日額の最高額は変更されるかもしれません。


現在は景気も上向いてきていますので、最高額は引きあがる傾向にあるようです。


 関連情報はここから⇒          

スポンサーサイト
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。