テキストリンク
テキストリンク

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失業をしたら、基本手当はどのくらいの期間受け取れるか知っていますか?基本手当をもらえる期間は、その人によって大きく異なっていきます。例えば自己都合で退職された人、定年や契約期間満了などによる離職者の場合、雇用保険の被保険者として雇用された期間が10年未満の人は90日間、基本手当を受給することができるよ。


 10年以上20年未満の人は120日。 20年以上の人は150日となっています。


失業の認定における求職活動実績に該当するもの


②・再就職に資する各種国家試験、検定等の資格試験の受験・許可・届出のある民間機関が実施するもの


①求職申込み、職業相談、職業紹介等②求職活動方法などを指導するセミナー等 ・失業をしてから待期期間を経過した後、受給されるケース基本手当は、求職申込日から失業の状態にあった日が通算して7日間経過してからでないと支給されません。


この期間を『待期期間』といいます。倒産や解雇などによる離職者が該当します。


失業の認定を受けるためには求職活動の実績が必要です。失業の状態でいると認定されるためには積極的な求職活動が必要です。


ただ求職活動といっても具体的にどの程度の活動が求職活動に規定されるか分かりますか?ハローワークでは以下のように定義されています。


失業をしてから待期期間、給付制限の期間を経過した後、受給されるケース正当な理由がなく自分の都合で退職したときや、自分の責任による重大な理由により解雇されるなどの理由で退職をした場合は、待期期間の7日間に加えて、さらに最大3ヶ月間、基本手当の支給を受けることができません。


これを『給付制限』といいます。



関連情報はここから⇒          

スポンサーサイト
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。