テキストリンク
テキストリンク

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再就職手当は、基本手当の受給資格がある方が安定した職業に就いた場合(雇用保険の被保険者となる場合や、事業主となって、雇用保険の被保険者を雇用する場合など)に 基本手当の支給残日数(就職日の前日までの失業の認定を受けた後の残りの日数)が所定給付日数 の3分の1以上、かつ45日以上あり、一定の要件に該当する場合に支給されます。


支給額は、所定給付日数の支給残日数×30%×基本手当日額(※ 一定の上限あり)となります。


 失業の状態である人は、職業訓練学校で資格や技能を身に付けることができる。職業訓練学校とは、ハローワークなどで求職の申込みをした人を対象に、再就職ができるような資格や技能の取得を目的として作られた学校のことをいいます。


失業した人を対象に就職に役立つ実践的な技能をマスターさせることを目的として国が実施している職業訓練プログラムです。


再就職手当はハローワークに就職の届出手続きを行い、申請書の交付を受け、就職日の翌日から1ヶ月以内にハローワークへ再就職手当支給申請書を提出することになっています。


この申請期限を過ぎますと、再就職手当の支給を受けることができませんので注意をして下さい。


失業状態の人が職業訓練学校に通うとして、本来は90日しか基本手当が支給されない場合でも、6ヶ月の職業訓練を受けることになった場合は、その訓練が終わるまで継続して手当が支給されるのです。


つまり所定の日数よりも長期間給付を受けられるということになります。更に訓練受講に要する費用として受講手当・通所手当等が支給されます。


 
関連情報はここから⇒          

スポンサーサイト
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。