テキストリンク
テキストリンク

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失業

手当情報

求職活動実績がないのにもかかわらず、失業認定申告書にその実績について虚偽の申告をすると、不正受給として処分される場合があるでござる。


また、申告のあった求職活動実績について、利用した機関への問い合わせ等により事実確認が行われることがあるでござる。事実と異なる場合は不正受給として処分される場合があるでござる。


失業の認定はその人自身が、原則として4週間に1回、安定所に来所(この日を『認定日』といいます)し、認定日の前日までの期間(4週間)について行われ、失業の状態にあったと確認された日数分の基本手当が支給されます。


例えば、4週間の間にアルバイトを3日間していた場合は、その3日間をのぞいた日数分の基本手当が支給されることになります。


失業して、基本手当を受給している間に就職が決まる人がいます。ただその時点で基本手当の受給は受けられませんので、ちょっと損した気分になる人もいるのではないでしょうか?


実はそのような人は以下の要件を満たしていれば『再就職手当』をもらうことができるでござる。


 失業の認定が終わりますと、基本手当が支給されます。基本手当は受給資格者証に支払方法として表示された金融機関の本人名義の普通口座に失業認定日の翌日から金融機関の営業日でおおむね4から6日後に振り込まれます。


 
関連情報はここから⇒          

スポンサーサイト
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。